甘樫坐神社

甘樫坐神社

大字豊浦、大字雷の氏神で延喜式内社(えんぎしきないしゃ)。

主祭神に推古天皇をはじめ、八十禍津日神(やそまがつひのかみ)・大禍津日神(おほまがつひのかみ)・神直日神(かむなほびのかみ)・大直日神(おほなほびのかみ)が祀られています。(高市郡教育会(1971)『奈良縣高市郡神社誌』名著出版.

『日本書紀』によれば允恭天皇(いんぎょう)4年(415)年、政治の乱れ(氏姓制度の乱)を正そうと、古代の裁判である「盟神探湯(くがたち)」が、この地で行われました。

これは煮え立つ湯の中に手を入れるもので、正しい者は火傷をしなかったといいます。現在も毎年4月の第1日曜日に、神事として行われています。

 

お問い合わせ

634-0103 奈良県高市郡飛鳥 明日香村飛鳥708

飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)

TEL0744-54-2071

 

甘樫坐神社

 

甘樫坐神社

関連イベント

観光スポット

ページ上部へ戻る