吹きガラス制作体験

硝子工房「さんぽ」

IMG_4612

硝子工房「さんぽ」は、7世紀後半の天武天皇・持統天皇の2代が営んだ宮、飛鳥浄御原宮南門跡の前に建っています。
明日香村では、古代のガラス工房跡が飛鳥池遺跡で見つかっており、そこは日本初のガラス工房でもあったそうです。

硝子工房は、珈琲「さんぽ」に隣接した吹きガラスの工房で、2014年4月にオープンしました。
ふだん使いできるシンプルな器や花器などを制作・販売し、グラスは珈琲「さんぽ」でも使われています。
吹きガラス体験で、オリジナルのグラスなどを作ることもできます。
飛鳥時代の工人に思いを馳せながら、世界でたった一つのガラス器を作ってみませんか。

吹きガラス制作体験について

体験料 4,000円(税込)/1回(1名)
時間 30分間程度
作品 制作された作品のお渡しは、1週間後取りに来て頂くか、着払いの郵送にて承ります。
対象 中学生以上
受付 予約制(空きがあれば当日受付も可能)
13時からひとりづつ交代で、1日5名様まで受付いたします。
詳細 硝子工房「さんぽ」吹きガラス体験

triple

IMG_6724

IMG_6729

ご予約・お問い合わせ

住所 奈良県高市郡明日香村岡55-4
TEL/FAX 070-5434-1501 又は 0744-41-6115
営業時間
13:00~16:00
定休日 月曜日・木曜日・金曜日(祝日の場合は営業)
入館料 なし(吹きガラス制作の見学は自由)
駐車場 4台(珈琲「さんぽ」と兼用)
メールアドレス
glasssanpo@gmail.com

硝子工房「さんぽ」ブログ

 

 

観光スポット

ページ上部へ戻る