飛鳥太鼓

飛鳥太鼓

 

あすかたいこ

・・・ DATA ・・・
  • 代表者:石井 博文
  • 住所:奈良県高市郡明日香村大字橘548番地
  • 連絡先:090-3490-4337
  • 団体構成:大人5人・子ども5人

 

 プロフィール

飛鳥太鼓は、平成7年「明日香法15周年」の記念事業のイベントの一つとして村内の和太鼓に興味のある者が集まり、現在、明日香村に在住で、プロの和太鼓奏者として、世界で活躍されている「和太鼓・倭」のリーダーである、小川 正晃氏に指導を頂いて、ずぶの素人たちが、バチの握り方に始まり、太鼓の打ち方、声の出し方等一からすべてを教わり、約4ヶ月ほどの練習期間の後、舞台に立ち、演奏したのが始まりでした。その中から、和太鼓の魅力に取り憑かれた10数名が残り、「飛鳥太鼓」が生まれました。
その後、週1回の練習を基本に、少しずつ飛鳥太鼓の色を作り上げ、和太鼓のすばらしさを多くの人に知ってもらうために活動しています。
また、村内の行事、イベント、お祭り、ボランティア活動に参加し、太鼓演奏を介して地域の活性化、振興となるべく活動をしています。村外からの出演依頼も多く、その機会を利用し明日香村の広報活動にも力を入れています。そして、飛鳥太鼓が、明日香村の郷土芸能として位置つけられるようがんばっています。
飛鳥太鼓は大人を中心に発足したのですが、活動内容を見たり、聖徳中学校での太鼓指導をきっかけに、学生や子供たちの入会希望も多く、今年で結成12年を迎える事となりましたが、世代交代を繰り返しながらも、毎年新しいメンバーを迎えています。
まだまだ、元気ではじけてくれる人の参加を待っていますので、興味のある人も無い人も覗いてみて下さい。

観光スポット

ページ上部へ戻る