和太鼓 「倭」

 

和太鼓「倭」

 

わだいこ「やまと」

・・・ DATA ・・・

 

 プロフィール

「倭」は1993年に小川正晃氏によって「大和之国・奈良」に誕生。現在は、日本文化発祥の地として知られる「奈良県明日香村」を拠点に演奏活動を続けている。メンバー、スタッフ、男女合せて16人の平均年齢は25歳。結成時のメンバーは4人。 地元の神社のお祭に参加するために2週間練習し、倭初の演奏曲「日向」演奏。それ以降様々な場所へ呼ばれるようになり、これまでの13年間に35カ国、1500回を超える公演を行っている。
倭の活動は、日本国内の公演はもとより海外にまでその範囲を広げ、観客動員数は今年、200万人を越えた。結成の翌年1994年には中国公演を敢行し、2万人を動員。その後、インドネシア、韓国、シンガポールなどのアジア諸国、1997年、1998年、1999年には南米ツアーを開催。各ツアーともそう移動距離1万キロ以上の大移動ツアー。南米ツアーと平行する1998年、更なる出会いを求めて世界最大の芸術フェスティバルである「エディンバラフェスティバルフリンジ」に出演。23公演をなんと完売し、「スピリットオブフリンジ賞」を受賞。英メディアから「肉体の音楽」と評された。それがきっかけとなり、1999年より毎年ヨーロッパツアーを行っている。ヨーロッパツアーは今年で8度目。ポーランド、ロシア、ハンガリー、チェコなど東欧諸国からスペイン、ドイツ、オーストリア、スイスなど10カ国以上で150公演を行う予定である。

観光スポット

ページ上部へ戻る