南無天踊り

南無天踊り

南無天踊りは、「日本書紀」の皇極天皇(斉明天皇)紀に、天皇が飛鳥川上流で雨乞いをされた記述があり、それを起源とした農耕の踊りです。

南無天踊りを継承している稲淵地区は、歴史的風土がよく残されていて、棚田百選にも選ばれています。

現在の南無天踊りは、神社に伝わる江戸時代の絵馬と古老の記憶により復元されたものです。

~て天つくつ 天つくつ て天つくつ 天つくつ て天なもで 天なもで て天なもで 天なもで~
独特のお囃子が耳に残る雨乞い踊りです。

観光スポット

ページ上部へ戻る