飛鳥古代体験プログラム

プログラム概要

概要 古代の都飛鳥において出土された装飾品を現代風にアレンジして、体験することができます。
作業のお手伝いを飛鳥歴史公園のボランティア『飛鳥里山クラブ』が致します。
実施時間帯 10:00~16:00
実施場所 国営飛鳥歴史公園館セミナールーム
参加費 各プログラム参照(保険料込み)
プログラム 勾玉づくり ■勾玉(まがたま)づくり
柔らかい石をやすりを使って削ります。古代の宝飾具として有名な『勾玉』づくりを通して、歴史やものづくりという体験にふれることができます。
[時間]90~120分[対象]小学1年生以上
[人数]10~40名[参加費]400円/人
ガラス玉づくり ■ガラス玉づくり
飛鳥時代に装飾品として作られていた『ガラス玉』。作り方は現代風にアレンジし、作りやすくしています。
[時間]90分[対象]小学5年生以上
[人数]10~20名[参加費]600円/人
鏡づくり ■鏡づくり
高松塚古墳から出土した海獣葡萄鏡の小型サイズの鏡を作ります。型枠に金属を流し込み表面を磨きます。
[時間]60分[対象]小学3年生以上
[人数]5~10名[参加費]1,500円/人
⇒お申し込み・お問合わせについて

観光スポット

ページ上部へ戻る