須弥山石・石人像

須弥山石(しゅみせんせき)

飛鳥の石神遺跡から明治時代に出土したものです。全体の構造が噴水施設になっており、庭園用の石造物であると推定されています。

石人像

須弥山石とともに発掘されたもので、同様に古代の噴水施設とされています。盃を口にあてた男性に女性が寄り添う形をしています。
※飛鳥資料館で見学できます。(入館有料)

・飛鳥資料館:TEL.0744-54-3561
飛鳥資料館公式ホームページ

観光スポット

ページ上部へ戻る