奥山久米寺跡

1336961540_p0

創建や縁起については不明である。
発掘調査により、創建当時の伽藍配置は、塔・金堂が一列に並ぶ四天王寺式の大寺院と推定されている。
現在の本尊は阿弥陀如来立像で、本堂前の塔心礎の上には鎌倉時代の「十三重石塔」が建立されている。 

観光スポット

ページ上部へ戻る